産後の授乳中におけるダイエットの注意点とは

帝王切開の傷口の完治には時間がかかる

帝王切開で出産したならば、産後ダイエットは慎重に行わなければなりません。帝王切開は翌日以降傷口の経過が良ければ、動くことを薦められますが、本当に完治するまでは一年はかかると言われています。帝王切開を行って出産したママは、静脈血栓症になりやすい傾向があります。

一か月検診が終わるまでは日常生活にも注意が必要

一か月検診が終わるまで動くことももちろん気をつけねばなりません。あまり動くで傷口が開き、化膿する可能性も出てきますし、傷口が目立つ可能性も出てきます。産後ダイエットを考えている人も、最低でも1カ月後を考えてください。そして最初は赤ちゃんとお散歩や、家事の時に意識的に体を動かすといった小さなことから始めるようにしてください。激しい運動は厳禁です。発熱・腹痛が出た場合は速やかに病院に行くようにしてください。

帝王切開でも骨盤ケアは重要

帝王切開でも、骨盤は緩みますので、骨盤ケアのアイテムをつけたり、ストレッチを行うことがおすすめです。とにかく傷口がふさがることを第一に、肌の保湿からの骨盤ケアをし、効率よく筋肉を鍛えて代謝を上げることがダイエットへの近道と言えそうです。傷口が回復しないと、体系戻しは無理です。傷口が塞がるように最善を尽くしていかなければなりません。傷口の回復に、傷口の保護テープを貼ることがおすすめです。その後育児中にお腹の周りの筋肉を動かしてみたり、家の周りを歩くことから始めてみて下さい。

骨盤ベルトはOKでも傷口に注意

骨盤ベルトは傷を圧迫しなければ大丈夫なので、つけた状態で散歩に行くこともおすすめです。できるだけ効率よく、少しでも動ける良いに工夫しましょう。また運動以外にも産後ママが陥りやすい落とし穴に、夜間授乳の時に甘いものを食べたり間食をして産後太りしてしまうケースがあります。そこを抑えて甘いものを控えたり、母乳に影響しない程度に食事制限をしてみると比較的効果がでます。ただし産後は貧血になりやすい時期なので、あまり無理せず気をつける程度の制限で十分だと考えられます。

骨盤ケアに必要な加圧インナーグラマラスパッツの効果を確認する(TOPへ戻る)

タイトルとURLをコピーしました