出産後は骨盤が広がる・・・産後ダイエットではまず骨盤修正の方法を!

産後のダイエットは難しいといわれていますが、その理由は主に骨盤の変化とホルモンの分泌にあります。
妊娠や出産をすると骨盤が開きますが、この状態は一種の歪みで、しかも元の状態に戻るのに時間が掛かります。出産を終えてもすぐ元には戻りませんから、これが産後ダイエットの難しさに繋がります。

産後のダイエットが難しい理由

出産による骨盤の変化

女性は出産すると、胎児が産道を通りやすくするために物理的に骨盤が大きく開いていきます。そして一度開いた骨盤は、産後の数か月を掛けてゆっくりと元の位置に戻ろうとします。だけど戻る過程で、左右のバランスが崩れたり、完全に元の状態に戻らず歪んでしまいます。骨盤が正しい位置に戻らないで歪んで開いたままの状態にしていると、ボディラインが崩れたり太りやすい体になります。骨盤を正しい位置に戻さないと、産後ダイエットも難しいので骨盤修正が必要となります。

姿勢の変化とホルモンの分泌の変化

更に、育児で出産前とは姿勢も変わってくるので、姿勢の変化も理由の1つだといえるでしょう。
一方でホルモンの分泌ですが、妊娠で増加する黄体ホルモンには、水分や脂肪を溜め込む性質があります。
イメージとしては、出産後に分泌量が減って元に戻ると思いがちですが、実際はすぐに戻らないわけです。つまり、赤ちゃんが無事に生まれてもしばらくは黄体ホルモンが通常より多く分泌されるので、ダイエットをしてもなかなか結果に結びつかないです。

骨盤修正の重要性とその効果

産後ダイエットをする前に行う骨盤修正の方法は、自宅で出来る運動や骨盤矯正スパッツやベルトを使うやり方と、整骨院などで施術を受ける方法が存在します。自宅で出来る運動などのエクササイズは、寝た状態で行うエクササイズと立った状態で行うエクササイズと筋トレを合わせて、産後すぐから始めるのが効果的です。

無理なダイエットは体調不良の原因

足がむくんだり、脂肪がつくのは黄体ホルモンの影響ですから、この影響が残る産後の無理なダイエットには危険性があります。
例えば鉄分が不足して貧血になったり、母乳に必要な栄養素が足りなくなるなどです。
また、筋肉が減って筋力が落ちたり、体力の低下や体調不良のリスクにもなるので、産後は無理にダイエットをしない方が良いでしょう。
ホルモンバランスが崩れて自律神経が乱れ、便秘がちになることもあり得ます。
ストレスを強く感じて余計にイライラすることにもなるので、やはりダイエットは時間を置いてから始めるのが無難です。

体調不良だけでなくその後の生活にも影響あり

将来的な危険性やリスクについては、無月経や無排卵、生理のサイクルの乱れに老化が挙げられます。
骨がもろくなる骨粗鬆症のリスクも懸念されるので、改めて産後ダイエットの危険性は無視できないといえます。
まずは骨盤を締めることから始めて、ダイエットは黄体ホルモンが落ち着いてからでも遅くはないでしょう。
産後は十分な栄養とバランスの良い食事が重要なので、当面は栄養補給に専念して、それから骨盤や筋肉にアプローチするのが理想的です。

骨盤修正の方法(加圧インナー)

もしも産後に矯正エクササイズをしないで、左右歪んだ状態で戻ってしまった場合には、位置を矯正するスパッツやベルトなどを使って元の位置に戻す方法もあります。矯正スパッツやベルトを使うメリットは、育児や家事や仕事をしている最中も着用しているだけで自然と元の状態に戻る事です。かなり圧迫されますが、睡眠中に着用しても効果が出る物もあります。自宅で自分でやるのが面倒な場合には、整骨院などで矯正する方法があり、産後1ヶ月ぐらいの頃から通院する事が可能です。一か月後から始める理由は、産後は1ヶ月ぐらいは体を休める事を優先させた方が良いからです。整骨院によってやり方の違いはありますが、強制前に周辺の筋肉をマッサージなどでほぐしてから行います。そして歪みのある背骨や骨盤をストレッチしながら矯正するなどして、正しい位置に戻します。施術後に自宅でストレッチやエクササイズをする事も、矯正効果を持続させる為に有効なので、そのやり方も指導されます。エクササイズを行う事が筋トレにもなるため、代謝も良くなり痩せやすい体質にもなれます。

加圧インナーグラマラスパッツの効果はこちら(TOPへ戻る)

タイトルとURLをコピーしました